映画と本の感想をつづる。

映画と本の感想をつらつら書き留めていきます。

「幸せになる勇気」 若者たちよ今こそ本当の愛を知ろうではないか。

前作の「嫌われる勇気」は100万部を突破し、韓国では49週1位という爆発的なヒットを記録した。

アドラーは競争することを大きく否定している、その思想が韓国の激しい競争社会にアンチテーゼを立てたからヒットしたんだと思う。

 

今回の「幸せになる勇気」では前作を踏まえてより深く話がされている。

より実践的なことが書かれていて、内容もそんなに長くないし、これからの生き方に影響を与える深い言葉がたくさんある。

 

そこでこの記事では「愛」についてアドラーの考えを書きたいと思う。

 

 

 

愛は落ちるものではない?

 

一般的な愛は2つある。

相手のことを崇拝して、けがれを許さないとてもきれいな人として見る愛。

 

相手の容姿に性欲が湧き、性的なものに駆られる愛。

 

これは誰にでも分かる気持ちだと思う。

でもそれは「観念的」と「本能的」愛ばかりである。

もう一つの「人間の愛」をだれも知らない。

この「人間の愛」とはなんなのだろう。

 

「愛とは。一部の心理学者たちが考えているような、純粋かつ自然的な機能ではない」

 

愛は本能的に、運命的に定められていると思っているが、それは違う。

愛は「築きあげるもの」である。

これを知らなけれ一番大切な「愛すること」ができていない。

 

エーリッヒ・フロムはこう言ってます。

確かに他者から愛されることはむずかしい。けれども、「他者を愛すること」は、その何倍もむずかし課題である。

 

 

相手にずっと好きという感情を持ち続けるのは難しい。

どんなに一目ぼれで、大恋愛をした相手でも飽きることがある。

そして飽きたから別れる。これでは常に消費するだけの恋愛しかすることができない。

相手に対して気持ちを持ち続けることが難しいことか。

 

 

本当の愛とはなにか?

 

 

愛とは、「ふたりで成し遂げる課題」である。

しかし、われわれは、それを成し遂げるための「技術」を学んでいない。

 

 

学校や、会社など組織での人間関係は学んでいるが、2人だけで作る関係性は教えてもらうことはない。

2人で作るということは自分の幸せだけじゃなく、相手の幸せだけでもなく、「ふたりの幸せ」を作らなければいけない。

それは簡単なことではない。

愛とは二人の人間関係を作り、二人の幸福を作るということ。

 

なぜ愛することが幸福につながるのか。

 

 

ひと言でいえばそれは、愛が「わたし」からの解放だからです。

 

今まで自分中心で見てきた世界が「わたしたち」という世界に視点が変わる。

「自分」という自我が消える。

それにより幸福になる。

これで貢献感を感じることで幸福になることにも納得ができる。

相手に対してなにかすると幸せな気持ちになるという経験はしたことがあるだろう。

この行為に「自分」は存在していない。相手のことしか考えていないだろう。

これが自我が消えた状態だ。

自分の欲求だけを求めていては幸福感は少ないが、相手と共に作り上げる幸福はとても大きなもの与えてくれる。

 

愛とは決断すること。

 

「誰かを愛するということはたんなる激しい感情ではない。それは決意であり、決断であり、約束である」

 

結局運命なんてない、それは錯覚で、ふたりで作り上げた結果、運命という所にたどり着くだけだ。

だれでも人は愛することはできる、決断をすれば。

そこから二人の旅が始まる

本当の愛を探しに行く旅をしようではないか。

 

 

これは内容の一部です。

気になった方はぜひ読んでみてください。

 

 

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII